アグリードールカスタム1

前回のBLOGもフランケンシュタインを紹介したが、またです。
これは買っとかなとフランケン好きじゃないというTOY、グッズは沢山ある。アンカーホッキングのグラスやSCARE CYCLESにSOAKYのユニバーサルモンスター。欲しい物はいっぱいだ。安いのをみつけた時にコツコツ買わないと。どんどん値段が上がってしまう。
こいつもその一つ。1980年Remco社のユニバーサルモンスターフランケンシュタイン。
f0216206_14563445.jpg

バックカードの絵もかっこよく、フィギュアも絶妙なサイズ感に表情、色彩、量感、チープ感、そして夜光塗料でぼんやり光る無駄なギミック。素晴らしいです。
こいつは他にドラキュラや半魚人など5種類いるのだが、集められるかは謎だ。難しそう。

そしてもう一つ。絶対に外せないフランケンが「THE MUNSTERS(ザ・マンスターズ)」の主人公HERMAN・ハーマン。こいつは1964年MATTEL社のハンドパペット。
f0216206_1525949.jpg

モンスター好き、フランケン好きに関わらず、ハンドパペット界で最も有名なアイテムと言える逸品。このクオリティーの高さにこの完成度、頭のこの大きさ完璧。今のおもちゃにはみられない作り手側の愛情を感じる。現在でもコレクターが多い名品。
そして左下の輪っかをひっぱるとしゃべる。でも壊れかけなのか何言ってるのかわからない。
f0216206_168393.jpg

そして「ザ・マンスターズ」のリメイクが錚々たるスタッフ、俳優で決定したので、これ以上値段が上がると困ると思い買った次第です。
ともあれやっぱり、ハンドパペットなので手にはめてみて、ダラダラ遊ぶ。



そんなことしている暇はない。アグリードールカスタムを作り始める。
アイディアの浮かばない時は、どっか切ってみるのが一番いい。例えば足とか、口とか、背中とか。今回は頭を切ってから考える事に。
f0216206_16113063.jpg


作りにくいので、発泡ウレタンを中に入れる。
f0216206_16124955.jpg


そうこうしているうちにアイディアも煮詰まってきたので、こんな芯をアルミホイルで作る。
f0216206_161351100.jpg


そこにスカルピーをつけていく。脳みそにしよう。アメリカ人がくいついてくれるのが一番いいのでアメリカ人好みなのを作ろうと。
f0216206_1615518.jpg


こんな適当な作り方してると、またいろんな人に突っ込まれるかな。
f0216206_16204110.jpg


こんな感じ。かなり想像してたよりでかくなってしまった。でももう修正はしたくないのでこのままいく。作り手側の愛情のなさを感じる。
f0216206_162309.jpg


さぁまだこの後ノープラン。どうしようかな。
[PR]
by madnessatsushi | 2012-08-30 16:41 | 作品