友達がLAにきたので色々案内して、まだ行っていなかったディズニーに行ってきました。
キャラクターのディテールや量感、表情、奥が深いですね。
f0216206_14411368.jpg

特に悪役達はいい感じな悪さがでている造形に、かなり影響されそうです。
悪役というと、今度公開になる『シュガー・ラッシュ(Wreck-It Ralph)』もこっちでよく宣伝していて気になります。

悪役キャラの「ラルフ」が、悪役の日々に疲れ、別のゲームに入ってヒーローを目指す的な話っぽいです。
途中でラルフが言う「なんでゲームは暴力的で怖いものになっちまったんだ」ってのが意味深です。

そして『モンスターズ・インク』の学生時代の話も公開されるのだと。楽しみです。


モンスター続きでもう一つ。
Blushing Frankensteinを買いました。
f0216206_15562336.jpg

このブラッシングフランケンシュタインはROSKO社が販売したのですが製造は日本の野村トーイで、日本のブリキの技術が詰まったおもちゃ。通称「野村フランケン」と呼ばれていたりします。
この野村フランケンはファーストタイプ。この後に2種類出てますが、こいつの服と姿勢と顔が一番だと思っています。
モンスター好き、フランケン好きならいつかは手に入れたい最高峰。
僕も5、6年欲しいと思っていたのですが、取り扱ってるおもちゃ屋も日本には少なく、あってもどえらい値段なので諦めていました。気になる人は検索してみてください。
そして電池をいれてボタンを押すとギコギコ左右の腕を動かし、少し立つとズボンがずり落ちて、顔にしこまれた電球が点灯し赤面する。なんともイカスギミック。
f0216206_17133358.jpg

しかし少し調子が悪いので、日本に帰ったらおもちゃ修理のおじさんの所に持って行こうと思います。
1960年代のおもちゃなので、箱はかなり痛みがきてますが、箱自体がめったに見られるものじゃないくらい珍しい品。前に紹介したLittle miss no nameもそうですが、この時代のおもちゃのBOXはデザインに力が入っていて、おしゃれで暖かみのあって素敵です。
f0216206_1752584.jpg



英語の勉強やなんやかんやでなかなか制作が進まず、まだおみせできるようなものがないので、制作のBLOGはまた切羽詰まってきたら書きます。
ではまた。
[PR]
# by madnessatsushi | 2012-08-18 18:24 | 雑念
男の子ならもれなく、幼いとき自分だけのナイフを欲しいと思ったり、買ったりするもんだ。
何に使うわけでもない。ちょっと鉛筆削ってみたり、木の机の角そいでみたり、ソワソワしながら学校に持って行ってみたり。
しかしみんなふと気がつく。「オレのナイフ実用性ないな。」
ここで熱が冷めていくのがほとんどだろう。
でもなかにはいる。「じゃあ実用的なナイフ買おう。」とか思うバカが。
森で熊と戦ったりする環境にいないので、実用的なナイフなど存在しないのだが、僕もそんなバカな男の子のままの1人。サバイバルナイフ まではいかなくても、フォールディングナイフくらいはもちたいなとか思うけどフォールディングナイフですら使う場面がない。
そんななか、もう10年以上使ってるのがVICTORINOX(ビクトリノックス)「クラシック」
f0216206_925032.jpg

「小刀」「はさみ」「つめやすり」「マイナスドライバー」「ピンセット(毛抜き)」「楊枝」これが本当に役に立つ!
5cmほどの小刀だが、なんでもスパスパ切れる。布がほつれたり、タグを切ったり、破れない袋などあればハサミ大活躍。つめやすりも、ピンセットも楊枝も応用用途には割と大活躍したりする。
僕にはなくてはならない。この黒いのが6代目。
そして先日珍しいのを7代目「クラシック」として買った。
それがMr.ピーナッツが埋め込まれたクラシック。
f0216206_18135100.jpg

かわいいっす。
それと、クラシックと同じサイズのUSBを買いました。
f0216206_18281526.jpg

勝手な思い込みだけど、USBはぶつけたりしない方がいいのだと思っていた。しかしパソコンオタクの友達に聞いたところUSBメモリーは半導体メモリーを使用してデータを読み書きしているので振動に強いとのこと。ってことでUSBもブラブラつける。
学校の先生には「Atsushi is look like a cow」(あつしはジャラジャラ牛みたいだ)と言われるけど、これがあると落ち着くので。
f0216206_18462814.jpg

みなさんも是非「クラシック」試してみてください。



先日、Giant RobotのEric社長から連絡があった。
とにかくいい話があるから来いとのこと。

Giant Robotはロサンゼルスにあるギャラリー&おもちゃ屋。彼がEricさん。
f0216206_20134811.jpg


今度、ギャラリーをでて美術館で展覧会をやるとのこと。
そこでカスタムtoyの展覧会をやるけど、興味あるだろ?やらないか?との誘いをもらった。

ありがたい話だ。もちろん即答で引き受けさせてもらった。

そして「UGLYDOLL(アグリードール)」がカスタムのTOY!!
f0216206_20402961.jpg

まさかアグリードールをカスタムするとは。
前にギャラリーでデイビッド・ホーヴァスに会ったけど、恐れ多いくて話などできなかった。
おもちゃ好きなら1度は見た事があるキャラクター、アグリードール。
おもちゃ好きばかり僕のBLOGを見ている訳ではないので説明を。

ネットから引用
Ugly Doll(アグリードール)は ニューヨーク在住のイラストレーターDavid Horvath(デイビッド・ホーヴァス)が生み出したキャラクター。
マンハッタンのウィットニー美術館、ロサンゼルスの現代美術館、PaulSmithロンドンやBARNEYS NEW YORKでも展開される世界中で大人気のアグリードール。
アート・トイとして、TIME誌やELLE DECO、国内でも装苑などのファッション誌にも取り上げられ、2006年 Toy of the year(アメリカ)も受賞しました。


何作ろうワクワクするけどビビってます。

「Thank you ever so much Mr. Eric」
[PR]
# by madnessatsushi | 2012-08-09 20:59 | 雑念
Smurfはフリーマーケットでも、おもちゃ屋でも、アンティークショップでもどこでもいる。安いのでついつい買ってしまう。
気がつくとこんな。
f0216206_944322.jpg

スマーフは1950年代にベルギーの漫画家『ペヨ』が生み出した世界中で愛されるキャラクター。
PVCフィギュアは古い物だと60'sのモノから、今も新しいモノが発売されてる。年代やシリーズで、刻印が違ったり、レアなバージョンも存在して、
こんな小さなフィギュアが1つ数万円するモノもあったり、奥が深いです。

60'sのものは動きも少なくシンプルでかわいい。
f0216206_19574457.jpg

しかし置き場所に困るもんだ。そんな悩みを解決してくれるのが、
最近みつけたこれ。
f0216206_2083280.jpg

すっきりしました。上には、ハット・カルテルの首領を置いときます。
f0216206_78588.jpg

インテリアには目立ちすぎるけど、かわいいです。



スマートフォンケースの依頼があったので、作りました。
熊と星と名前を入れて欲しいあとはおまかせってことで。

ふと熊モチーフを描いたり作ったりしたことがないことに気がつく。
熊モチーフの作家さんがたくさんいるので、今更描く事もないと思っていたけど、描いてみると、全然可愛くない。熊って難しい。

やっぱり1番好きな熊はYogi Bearなので、こんなのにしたいとスケッチ
f0216206_7334374.jpg

SAMSUNGの携帯で、変なところに変な穴が空いていてとてもやりにくい。
なんとか避けて入れる。こうやってみるとiPhoneはすっきりキレイなデザインをしてるんだなとつくづく思う。
f0216206_7355333.jpg

そして色を入れる。黒、白、赤、青、黄色しか1shotの色がないのだがなんとかなるもんだ。 ice creamがいい色がでた。紫が作れなかったのが悔しいけど、諦めて今度買いに行こうと思う。
f0216206_7542539.jpg

携帯にはめても、やっぱりそんなところにカメラがあるのも、下の穴もかっこ良くないなって思う。
f0216206_7551858.jpg

かなり喜んでもらえてよかったです。
[PR]
# by madnessatsushi | 2012-08-05 08:12 | 作品
Los Angelesにくる前に作っていたシミケンさんのBridolly 。

僕の手を離れたあと、シミケンさんが仕上げて完成、展示されました。
f0216206_19222712.jpg

この作品は100円硬貨を入れるとブリドリーが50回羽ばたき、発展途上国の5人の子供を救うポリオワクチンになるとのこと。
なんて素晴らしい企画なんでしょ。
そして、展示期間で880人分のポリオワクチンが接種されたそうです。
f0216206_1926126.jpg


この作品は自分の制作をかなり考えさせる作品になった。
僕が作ったのは側だけなのだが、自分の作品だと無意識で、癖がわかっていたり、ここは壊れやすいとか分かって気をつけて触ったりてるけど、人に頼まれて作るというのは、そんなことは言ってられないのだと。
ケガをしないように中のケバケバもとったり、テンションのかかる所は厚くしたり、他にもblogで説明するのも難しいような事が沢山あって、樹脂先生にアドバイスをしてもらってなんとか完成した。
ダメなところも山ほどあり、シミケンさんには迷惑をかけてしまった。

でもいい展示になったみたいで、本当によかったと思っています。

ブリドリーを制作してる時のブログ→ ブリドリーザライド(仮)

シミケンさんのHP→http://www.kenji-shimizu.com
BLOG→http://kenji432.blogspot.jp
[PR]
# by madnessatsushi | 2012-07-27 18:44 | 作品
城宝さんyowさんとの6日間は、とても楽しい時間でした。
ハプニングもあったり、真面目な話があったり、笑いがあったり
「Easy does it」で、すごい2人だなと感じました。

カーナビがない時代から買い付けにアメリカに来ている城宝さんは
僕の知らないトイショップや、アンティークショップにつれていってくれた。
f0216206_18504758.jpg
f0216206_18502056.jpg

f0216206_18512725.jpg

f0216206_18514334.jpg

f0216206_18521418.jpg
f0216206_18522768.jpg
f0216206_1914694.jpg
f0216206_18523981.jpg
f0216206_18525514.jpg

本当に楽しく貴重な話を沢山していただきました。
お世話になりました。ありがとうございます。
[PR]
# by madnessatsushi | 2012-07-23 19:05 | 雑念
金曜日からSPANKYの城宝さんとshelterbankのyowさんがLAに買い付けにきているので、連日2人について色々な所に同行させてもらってる。
そして、サンディエゴコミコン・インターナショナルに行ってきた。
噂には聞いていたけど、まぁ行く機会もないのかな?と思っていたけど、来てしまった。
f0216206_1638108.jpg

コミコンは世界最大のサブカルチャーイベント。
コミック、映画、アニメ、新作TOY、OLD TOY、バットマンカーが勢揃いしてたり、新作映画の宣伝があったり、新作TOYの発表があったり、この世界の来年でるモノがすべてわかる、ここから始まるといっても過言ではないようなイベント。
僕が今までいった、大きなイベント、ホットロッドショー、マンモス、東京モーターショー、クリエイターズ、デザフェスなどなど、どれもコミコンの半分ほどでしかない。東京モーターショーやマンモスで1日8万人くらいに対して、コミコンは12万人。もう規模がわからない。
f0216206_16532266.jpg

2人は山のように買い付けている中、僕はフラフラついて回らせてもらって楽しい時間を過ごさせていただいた。
Frank Kozikにあったり
f0216206_16552928.jpg

Ron Englishにあって
f0216206_16555350.jpg

フィギュア買ってサインしてもらったり
f0216206_16564055.jpg

convention exclusiveフィギュアを買ったり
f0216206_16584187.jpg

ロバート・ダウニー・Jr.みたり
f0216206_16592378.jpg

コスプレ見たり
f0216206_16595397.jpg

外国人なだけで、コスプレがこんなかっこいんだと思ったり
f0216206_1711162.jpg

可愛いもん買ったり
f0216206_172937.jpg

買えないもの。指くわえてみたり
f0216206_1732079.jpg

素敵なチョイスをみたり
f0216206_174625.jpg

カワイイチョイスをみたり
f0216206_1755973.jpg


1日楽しませてもらいました。
本当にお二人に感謝しています。
もっといろんなモノが作りたいと思わせてくれるとても刺激になった1日でした。

水曜日までいろんな所に同行させてもらい、色々手伝いたいと思っています。では。
[PR]
# by madnessatsushi | 2012-07-16 17:15 | 雑念
手に入れてしまった。
45キロ。日本に持って帰ることなんてもう考えないようにしないと買えない。始めに見た時はまだキャンディーとか入ってたから、まだいいにおいがする。
f0216206_19125917.jpg


中身はこいつです。
f0216206_19141627.jpg

このmonsterはカバー。塗装がはがれて目の赤がとれたりしてるけど、1988年に作られたものなのでこんなくらいでキレイな方だろう。
それと本体。
f0216206_191604.jpg

日本で言うところのガチャガチャ。中にm&m'sとか ジェリービーンズとかを入れて、25セントで今でも動きます。
カギもついていて開けてみたりしてみる。
中に入ってるパーツでお菓子の量とかいじれて、なんか業者さんの目線になって一人でニタニタしてます。
f0216206_19244539.jpg


側もセッティングして部屋に飾る。
f0216206_19301822.jpg

でかい。結構場所とる。でもカッコイイ。
『 MONSTOR 』と下に書いてあります。MONSTERとSTOREをかけてあるらしいです。ごいネーミングセンス。
「MADE IN USA 1988 」
デザイン、色、ネーミング、アメリカでしか作れないぶっ飛んだバカさ加減ですね。最高です。
日本のおもちゃ屋さんの間でもまれに売られていたりしています。
僕も、Shelterbankさん2000TOYSさんBIG AL Vintageさんなんかをみて欲しいな欲しいなと思っていたので。
もし買いたい方、たしかRPMさんに売っているのを僕は知っています。ぜひ行ってみてください。

さーどうするかな。日本に送る送料は考えたくない。




iPhoneケースの依頼をまたうけたので作りました。
青が好きなので青めで、名前を入れるのとアップルマークを使って欲しい。後は自由にやってと言う事で。日本人からの依頼なので、話しながら決めれたので楽でした。
f0216206_1942563.jpg

そして色塗って完成。黒いiPhoneだったので、黄色で縁取りしました。
f0216206_19434087.jpg

iPhoneにはめるとこんな感じです。可愛くなりました。
f0216206_194506.jpg


喜んでもらえてよかったです。
akihiro君ありがとうございます。
[PR]
# by madnessatsushi | 2012-07-12 20:04 | 作品
giant robotデハラユキノリさんの展覧会をひらくということでオープニングに行ってきた。

すごい仕事量。
f0216206_18574012.jpg

年間300体も作るんだそう。
f0216206_1961020.jpg

びっくりします。
f0216206_19141514.jpg

日本でも展覧会に行かせてもらい、トークショーなんかで話を聞いたことはあったけど、
話をさせてもらって楽しい時間をすごさせてもらった。
周りがアメリカ人ばかりだったので、少し話せたのだろう。
ふわっとした素敵な人だった。

そして、フィギュアを買わせていただいた。
量産型のフィギュアはいくつかもっているが、1点モノはやっぱり可愛いです。
f0216206_18543539.jpg

来月の25日までやってるので、LAに来る人がいるので一緒に行けたら行きたいです。



iPhoneケースの依頼をいただいたので、作りました。
赤色のカワイイので名前を入れて欲しい。後は自由でってことで。
こんなのを描かせていただいた。
f0216206_1924525.jpg

色つけてこんな感じで完成です。
f0216206_19254048.jpg

かなり喜んでいただいた。
TEDさんありがとう。

It has been a pleasure to do business with you.
Thanks a lot TED.
[PR]
# by madnessatsushi | 2012-07-03 19:50 | 作品
『 SCARE CYCLES ・ スケアリーサイクルズ 』の ボーンシェイカーを買った。
箱付き箱なんてネットで見たことなかった。というより、30年以上前のものなので、このセットでついてくるお化け屋敷もついていない、バイクとライダーだけで売られていることの方が多いのではないか?というおもちゃ。

別に箱から出しちゃうからいらないとか思ったりもするけど、やっぱり箱のデザインもカッコイイ。
f0216206_19384277.jpg

このシリーズはこのゴーストとフランケンとドラキュラの3種類がでている。そしてこのお化け屋敷が発射台になってて、ここに設置してゼンマイまいて、ビューンと飛び出す。でも、壊れているのもネットでよくみるので、1回遊んで、もう遊ばない。

フランケンが1番人気っぽい。他の2体もあったのですが、
まぁ値段も結構なので、どうしても欲しかったゴーストだけ買った。
色、デザイン、3輪霊柩車完璧です。
驚いたのは大きさ。
というのも、生で見たことなかったし、どこのサイトもおもちゃ単体でしか写真をUPしてないので大きさがわからなかった。

正直Hot Wheels くらいか、気持ちデカイくらいかなと思っていた。
でもこんなに大きいんだ。手前がHot Wheels(トミカと同じ大きさ)
f0216206_19543387.jpg

素敵すぎる。こんなの作りたい。



とか言いながら、
4つ目countさんも早く完成させたいのですが、英語の勉強が主本なので、ゆっくり暇をみつけて作ってきます。
蝶ネクタイをつけた。
f0216206_1957476.jpg


そしてお腹をパンパンにみせる。
でも服作るの昔からすごい苦手なんです。大学の時も大学院の時も先生にダメだしされてた記憶しかない。
まぁでもこんなかんじで8割
f0216206_2044399.jpg

脇や、ひじのシワも。やっぱり苦手です。想像で作ってるからだめなのか?
f0216206_2062014.jpg


右腕も作り始めた。
オノ隠してる。
f0216206_2084995.jpg


気持ちが折れる前に完成させないと。
では。
[PR]
# by madnessatsushi | 2012-06-26 20:16 | 作品
ZacPacさんが閉店するという。
ZacPacさんには2度しか行ったことがないけど、とても素敵なお店だった。
JUNXの時は背中合わせのブースで、優しくしてもらったりして。

お店をやっているわけじゃないし、大量におもちゃを作ってるわけでもないから、なんとも言えないけど、おもちゃ好きが減っていってるってことは深刻な問題なんだろうな〜。

おもちゃと言うと秋葉のオタク文化を想像する人も少なくないだろうけど、
もっともっとおもちゃ界は大きい。(秋葉系フィギュアも悪いとは言わない。)おもちゃは高い安いに関係なくユーザーの宝物であったり、アンティークであったり、子供の成長に大きな影響を与える教育でもある。デザインナーや造形師がしっかりしていて、なんといい作りをしてるんだと思うものや、何でこんなモノを作っちゃったんだと思うような駄作も愛おしい思ってしまう時がある。
誰もが子供の頃に大切だったおもちゃが1つや2つあるだろう。
そんなおもちゃを押し入れから引っ張り出してきたり、改めてオークションとかで買ってみたりなんかしてみたら、意外といいオブジェになったりすると思う。

僕が小さい時好きだった、ミュータント・タートルズの敵フット団のボス、クランゲさんを最近買った。
f0216206_15424129.jpg

古いおもちゃも魅力的なものは沢山あるし、新しく作られてるおもちゃも素敵なものが多い。みんなが興味持つようなおもちゃがこれからも産み出されていくといいなと思う。
そしてそんなおもちゃを作りたいし、おもちゃ好きとして買い続けたいもんだ。

こんなBLOGだけど、みた人がちょっとでもおもちゃ好きになってくれたらとか思ったりする。


このクランゲを買ったのがFrank & Son Collectible Show。
Frank & Sonは、おもちゃ専門のフリーマーケット。
外は巨大な倉庫
f0216206_18262058.jpg

中は200以上のブースがすべておもちゃなのです。
サブカルチャーで埋め尽くされてる。なんでもあります。
f0216206_1749484.jpg

f0216206_18283184.jpg

f0216206_18303049.jpg

幸せな空間でした。
色々買ったのでそのうちUPします。




4つ目count体作ります。
芯棒は相変わらず適当です。粘土からでなきゃいいって考え方なので。
f0216206_15513594.jpg

量つける。
f0216206_15545160.jpg

こんなかんじで。
f0216206_1559459.jpg

紳士な画像みながらね。おなかはビール腹にする。
f0216206_164118.jpg

楽しくなってきました。
[PR]
# by madnessatsushi | 2012-06-19 18:57 | 作品