ハト

「鳩を作る時は、まず大きな面を追う。」
僕を大学に入れてくれた先生はそんなことを言っていたな。

現役の時は「こんなフワフワな鳩のどこに面があんだ?」とかバカなこと言ってたけど、浪人生の時は大きな面を構成して彫刻作ってんのが楽しくてしかたなかった。
彫刻かじってる人がみたら、なんて初歩的な話してんだって言うだろうけど、このBLOGみているのはおもちゃ好きな人や、彫刻?なにそれ?って人ばかりなので、ちょこっと話す。

今から10年前、世間のことなんてどうでもよく、ただ彫刻がうまくなりたかった少年A。
毎日新しいことを学べるのが楽しくて高校もろくに行かなかった僕が、遅刻もしずに河合塾に通ってた。
すごい場所だった。自分の人生を一番変えたのはあの1年だって思う。辛かったり、喧嘩したり、粘度なげて怒られたり、みんなが友達だけど、誰にも負けたくないってみんなが思っていてピリピリした緊張感はいつもある、刺激的な場所。
今なら、そんなの構造的に無理だとか、途方もないからとか、めちゃくちゃな量感になると頭で考えてやめてしまうような彫刻を、みんながバンバン生み出してバカ笑いしたり、嫉妬したり、そこらへんの美術館なんかより、ぶっ飛んだ才能に溢れていた。
今もその時に覚えた技術や目や技法や感覚を多様して色々作ってる。

そしてその時、先生に言われた言葉はどれも鮮明に覚えていて、モノを作っているといつも思い出す。
面を追うのも毎日のように言われた言葉。面が分からなかった僕に先生は高村光太郎の彫刻をみろと言った。すぐ愛知県美の図書館で高村光太郎の画集をみたのを覚えてる。
単純な彫刻だが決して作れない最強な彫刻だ。(画像はクリックしたら少しはでかくなります)
f0216206_18171254.jpg

大きな面や小さな面でボコボコなのにそんなことは全く感じさせず、滑りすら感じてしまう。

今はまた違う見方ができるようになったってあの頃より魅力的なモノが作れるようになったが、失った物もある気がする。純粋な気持ちを忘れずにモノ作りしてきたいもんだ。

な〜んて彫刻のこと話しても難しくなるだけだな。
そんなこと思いだしながら鳩作る。
MACも鳩まみれです。
f0216206_19115590.jpg

作り初めて10分くらいの鳩。大きな面と小さな面を意識してる。
ここをちゃんとしないとどんなけ細部を細かく作ろうがしょぼくなる。
この時点で良くなるか悪くなるかは決まってんの。
f0216206_19133971.jpg

f0216206_19135463.jpg

ってこんなけ色々話したけど、僕おもちゃ作ってる。

僕の肩書きは彫刻家じゃないので。

でも僕の作るTOYには彫刻の面白さもチョロチョロはいっています。


彫刻にも歴史があって、名作がある。
おもちゃにも歴史があって、名作がある。
どっちも好き。
おもちゃの方が劣ってるって言われたこともあるが、
そんなこと言う人の作るモノに何も心を動かされん。   なんて。
[PR]
by madnessatsushi | 2012-04-11 08:36 | 作品